TOPへ

 トップ会社案内沿革

沿革

1923年(大正12年11月)

東京府浅草区森下町(現・台東区寿町)にて、丸岡 福太郎が江戸絞り(揉紙)
美術紙加工業を創業。 関連事業として紙ナプキンの製造を開始

1945年(昭和20年8月)

戦災のため一時業務休止

1948年(昭和23年8月)

東京都台東区浅草馬道三丁目(現・本社)にて丸岡 精一が業務再開

1958年(昭和33年8月)

有限会社丸岡ナプキンを資本金100万円にて設立
テーブルナプキン加工方式を改良した生産機械を増設

1970年(昭和45年11月)

コースター印刷加工機(ハイデルベルグ)を輸入設備

1974年(昭和49年4月)

岩槻工場(埼玉県岩槻市)を開設(現在は閉鎖)

1976年(昭和51年1月)

資本金を350万円に増資
テーブルウェア・関連商品の販売を開始

1983年(昭和58年9月)

資本金1,000万円に増資し、株式会社に組織変更

1984年(昭和59年11月)

本社ビル新築

1988年(昭和63年8月)

川口配送センター新築
コンピューターオンラインシステムにより販売管理システムを拡充

1993年(平成5年8月)

コンピューターDTP導入。企画・デザイン・制作の円滑化を推進

1998年(平成10年3月)

テーブルナプキン生産ラインの全自動化リニューアル

2000年(平成12年2月)

本社ビル隣りにアネックスを増築
テーブルナプキンにレリーフ/エンボスロゴ入れをする技術を確立

2000年(平成12年11月)

代表取締役社長に丸岡 徹男が就任

2001年(平成13年2月)

環境・エコロジー素材のバガスをナプキン原紙に使用し販売開始

2002年(平成14年9月)

新素材・新規格サイズのカクテルコースターを販売開始

2003年(平成15年4月)

Duni(本社スウェーデン)と業務提携し日本総代理店となる

2004年(平成16年1月)

Duni配送センターを静岡市清水区に新設

2006年(平成18年1月)

DeSter社(本社ベルギー)と業務提携

2007年(平成19年10月)

株式会社マルオカに社名変更

2012年(平成24年7月)

代表取締役社長に丸岡 久芳が就任